思い出を大切に保存できるフォトブックの魅力

是非つくってほしい!あなただけのフォトブック

撮って終わりじゃない!プリントを楽しもう

フォトブック、興味はあるけれど作ったことはない、という人も多いのではないでしょうか。 フォトブックは、様々な種類があり、仕上がりは写真集のようになりますので、作る楽しみ、見る楽しみをさらに広げてくれます。 フォトブックの基本を紹介しますので、まだ作ったことのない人は、是非挑戦してみてください。

アルバムを写真集にする

写真を貼ったり差し込んだりするアルバムとフォトブックの違い、それは背景に色や柄を付けたり、写真にサイズや配置を変えたりできることではないでしょうか。 写真の雰囲気にあったデザインは、写真をより可愛く素敵に見せてくれます。 フォトブックのデザインについて見ていきましょう。

こだわりのフォトブック

フォトブックを何冊が作ってみると、だんだん凝りたくなってくるのではないでしょうか。 普段使うサイト以外のサイトを覗いてみると、ちょっと変わったフォトブックを扱っている所があります。 遊び心の加わった、こだわりのフォトブックを作るのも楽しいのではないでしょうか。

フォトブックってどんなもの?

あなたのパソコンやスマートフォンの中には、何枚の写真が保存されているでしょうか。
写真がデジタルで保存できるようになってから、撮影枚数は大幅に増えましたが、それをプリントすることは逆に減ってしまったように思います。
データがあるからいつでも見られるからいいやとか、枚数が多すぎてプリントしきれないという人もいるかもしれません。
あるいは、写真はSNSなどへの投稿のために撮っているという人もいるでしょうか。
せっかくの写真、それだけではもったいない、と私は言いたいです。
写真はプリントすることで、楽しみが大きく広がります。

家に写真を飾ることが、子供の健やかな成長に影響を与えるという人もいます。
楽しかった思い出や家族との写真が飾られた家で育つと、普段からそれを目にすることで、自分のことを肯定的にとらえることができ、自信につながるというのです。
また、何かに行き詰ったとき、アルバムを開くことで元気づけられるという人もいます。
目に見える形になった写真には、こんな力があるのですね。

もう一つ、写真をプリントした方がいい理由として、保存の安全性の問題があります。
データは、例えばパソコンがクラッシュしてしまったり、スマートフォンが水没してしまったり、失われてしまう可能性があるのです。
東日本大震災でも、アルバムが泥の中に残っていたということがありました。
プリントにしておくことで、万が一の場合にも、写真を失わずに済むかもしれません。

しかし、膨大な写真を整理するのは大変ですね。
プリントはしたけれど、アルバムに整理する時間がなくそのまま、なんてことになっては、プリント損です。
そんな時には、是非フォトブックを試してみてください。
きっと、素敵な思い出の一冊が出来上がると思います。